お盆玉 何歳から 何歳まで

お盆玉は何歳から何歳までの子にあげればいいの?

a1

お盆玉は誰にあげればいいのかを書いていきたと思います。

お盆玉をあげる側の人は、誰にあげればいいのかと何歳~何歳の子供にあげればいいのか気になりませんか? 気になるという人も多いと思うので紹介します。

まずお盆に親戚で集まる時にあなたが顔を出すのなら、用意をしておく必要があります。 ですが、子供だけど赤ちゃんにあげる必要があるのか悩んでしまうと思います。逆に二十歳を超えている学生にはあげなくてはいけないのかも悩みどころですよね。 そして友達の子供にはあげる必要があるのでしょうか?

親戚の場合は、親戚同士の人間関係も関わってくるかもしれません。

基本的にお盆玉をあげる年齢は、就学している子供に渡すということらしいです。 お年玉は、あげる子供が学生の期間は渡すという人が多いようなので、お盆玉もお年玉と同様に学生の期間は渡していた方が間違いないかもしれません。

そう考えてみると、小学生になってからということになるので、6歳からお年玉もお盆玉をあげ始めるということになります。

始める年齢は、学生になってからの6歳からですが、渡し終える年齢がすごく難しいのではないでしょうか。 高校卒業を気に渡すのをやめるのか、成人したらやめるのか、大学や専門を卒業したら渡すのをやめるのかなど何通りも考えられます。

自分では考えるのが大変だと思うのであれば、親戚同士で話し合い何歳まで渡すのかを決めておいた方が楽かもしれません。 親戚だけあげていてあなたがあげていないのも嫌だと思いますし、逆にあなただけあげているのに親戚はくれていないという風になると面倒ですし、不公平だと思うので、公平にしておくといいでしょう。

そしてお盆玉を渡す子供が赤ちゃんの場合はどうするのか考えてみましょう。 赤ちゃんはもらっても自分で使うことは出来ませんからどうするのか悩んでしまうと思いますが、自分の子供が赤ちゃんの時や小学生になる前にもらっていたのであれば、あなたの子供がもらっていたので、渡すのが礼儀だと思いますので、同じように渡すようにしましょう。 また出産祝いや入学祝を渡すことができなかった場合は、お盆玉のポチ袋と出産祝いや入学祝い用の袋を両方用意して、説明して渡すといいかもしれません。 そういった時には、「あの時に渡すことが出来なかったから、お盆玉と一緒に」という風に言うようにするといいでしょう。

「袋は一緒ではダメなのか」と思うかもしれませんが、一緒の袋に入れて渡してしまうと、何をあげたのかうやむやになってしまう可能性があるので、別々の袋で渡した方がはっきりしていいと思いますので、袋をしっかり両方用意しましょう。

またお盆玉をまわりの親戚が数人渡していた場合には、まわりの親戚が渡しているのに渡していないと印象が悪いです。 事前に渡しているのか聞くのもいいと思いますし、念のために準備しておいてもいいかもしれません。渡していないのであれば、渡さなくていいと思います。

用意が出来ない場合は、「知らなかったので・・・」と言って、次の年から忘れずに渡すようにするといいでしょう。

また友達の子供にはあげなくてはいけないのかと悩んでしまう人もいるかもしれませんが、お盆玉は親戚の子供だけに渡せばいいと思います。 友達の子供に1度でもあげてしまうと、これからもあげなくてはいけませんし、1人の友達の子にあげて、違う友達に子供が出来た時にあげないと、何を言われるかわかりませんし、大変です。 親戚の人がくれるのであれば、あなたも渡すのが礼儀なので、そこはしっかりあげるようにしましょう。くれていないのであれば、あげる必要はないと思います。

他にももし大人の人に渡すことがある場合は、お盆玉はダメです。すごくお世話になっていた親戚に人や友達がいた時に、何かお礼をしたいと思った時にお盆玉袋を使ってはいけませんので、気をつけてください。

「どうしてお盆玉袋は使ってはいけないの?」と思う人がいるかもしれないので説明しますが、お盆玉の「玉」というのは、「贈り物」という意味があるそうです。なので、渡す側と渡される側に、目上の人なのか目下の人なのかという差が出てくるからだそうです。

なので、親戚や友達に渡す時には使わないようにしてください。そしてお礼をしたかったのに、かえって失礼なことをしてしまわないようにしてください。 もしお礼をしたい時には、のし袋に新札を入れるのが普通ですが、お礼に現金を渡しても受け取ってくれないという人がいます。そういった時には、商品券などだと受け取ってくれるという人が多いようなので、その人がどちらの方が受け取ってくれるのかをしっかり考えるといいと思います。

そしてお礼に渡す金額は、どれくらいお世話になったのかで変わってくると思いますが、少なくてもようないので、気をつけてください。

お盆玉を渡す年齢などさまざまあり、そうすればいいのかすごく悩ましいですが、このようなことを参考にしてみてはどうでしょうか。 どうしても自分では、よくわからないと言う時は親戚に人とちと話し合い決めるといいでしょう。