お盆玉

お年玉ならぬ、「お盆玉」とは一体?

a1

皆さんは「お盆玉」というものをご存知ですか?まだ知らないという人も多いのではないでしょうか。

ではお盆玉とは何なのかについてですが、お正月にあげる「お年玉」と同じように、お盆休み帰省してきた孫や親戚の子供にあげるお小遣いのことを「お盆玉」と言うようです。

お盆玉は最近多くの人に知られるようになったので、最近できた物かと思いきや、江戸時代からある物のようです。そして発祥地は山形県の一部の地域だと言われています。

江戸時代では、奉公人にお金ではなく衣類や下駄などの物を渡すという風習だったようですが、昭和初期くらいからは子供にお小遣いをあげるように変化していったようです。ですが、このお盆玉は全国的なものではなかったそうです。

そしてここ最近では、企業が需要を見込み、お盆玉に関係する商品を展開しているようです。 また日本郵便では、「お盆玉袋」という物を2014年7月から販売を開始して、お盆玉を入れるためのポチ袋を6種類くらい販売しているようです。 日本郵便の他にも、祝儀袋などを販売しているメーカーからも、お盆玉用のポチ袋が販売されているようです。 またお盆玉のポチ袋には、お年玉のポチ袋とは違い、夏らしい絵が描かれているようです。 例えばひまわりやカニ、金魚などの可愛い絵が描かれています。

日本郵便がこのお盆玉のポチ袋の販売を開始した理由は何なのかと言うと、「郵便局は元々手紙や贈り物を届け、人と人とを繋ぐ役割ですが、お盆玉袋も、人と人とを繋ぐきっかけになればいいな」と考えて販売するようになったそうです。

そして郵便局がお盆玉を販売したことで、メディアがお盆玉を取り上げたので、以前より認知度があがり多くの人に知られるようになったとされています。

お盆玉が知られるようになったのは、最近なのでどれくらいの金額をあげるのか悩んでしまう人が多いと思いますが、相場は特に決められていないようですが、一般的にはお年玉と同じくらいか、もしくは少し少ない程度でいいようです。

少し参考になるように目安を書くと
小学生の場合は、1000~3000円
中学生の場合は、3000~5000円
高校生の場合は、5000~10000円くらいという人もいます。


また正月にもらった金額をあげるという人や、親戚双方であらなじめ金額を設定して同じ金額を上げるのもいいかもしれません。

そして翌年の4月から小学生になるという子供がいる家庭では、お盆玉をランドセルの購入にあてるという所も多いようです。ランドセルは意外に高いのでこの方法も1つの手かもしれません。

お盆玉は、現在はまだあまり知られていなくて、浸透もしていない習慣ですが、何年か先には「お盆休みと言ったらお盆玉」ということが定着しているかもしれません。

大人からしたら子供にお小遣いをあげなくてはいけないので、戦々恐々かもしれませんが、子供からしたらすごく嬉しいイベントだと思います。子供が喜んでくれるならいいかと考えた方が良いかもしれません。 ですが親戚の子供が多いという人は、あげるなら全員にあげなくてはいけないので大変だと思います。

私達が子供の時には、まだ知られていなかったので、お盆玉と言うものはありませんでしたが、両親の実家などに遊びに行くとお小遣いをもらっていたのでそれと同じことなのかなと思います。でももらっていなかった人もいると思うので、お盆玉が自分たちの時にもあったらよかったなと思いませんか。

そして自分があげる立場になった時に、親戚の人が自分の子供にくれない状況で、もらっていないのにあげるべきなのかと考えたら、私は相手がくれないのであれば、あげる必要はないと思いますが、自分の気持ちとしてあげたいと思うのであれば、あげてもいいと思います。

また大人からしたら、流行らないでもらいと思っている人が多いと思いますが、今よりもっとお盆玉のことをメディアなどで取り上げられるようなことがあれば、今以上に多くの人が知り、浸透していくと思うので、あげるのが普通になってきてしまう気がします。 そしてそうなる日もあまり遠くないかもしれません。

そして、子供にお盆玉をあげると、無駄使いしてしまうという子が多いように思えるので、あげるのはどうなのかなと思う気持ちもあると思います。

これから先どのようになるかわかりませんが、お盆玉が浸透してあげるのが当たり前になってしまった時は、少しでも良いのであげなくてはいけないのかなと思います。 あげる金額の目安を先ほど紹介しましたが、これはあくまで目安ですし、あげるのは気持ちが1番大事だと思うので金額はいくらでもいいと思います。

そしてあげると子供がすごく喜ぶと思うので、子供の笑顔を見ることも出来ますし喜んでもらえるのです。子供の笑顔って可愛いですよね。

大人からしたら、子供にお金をあげることが年に2回になってしまうので、金銭的に辛いかもしれませんが、子供からしたら年に2回お金をもらうことが出来るので、とても嬉しいことだと思います。

小さい子供は、無駄使いしてしまう可能性があるので、親御さんがしっかり貯金してあげるといいかもしれません。